2008年07月13日

混乱状態

「ZOO 2」読み終わりましたよっと。やっぱり読みやすい、不思議!
てことでまた適当に感想。

「血液を探せ!」年齢関係ないじゃん!年齢関係ないじゃん!大事なことなので2回言いました。それはさておき、はちゃめちゃな話を書くもんだなぁ。ちょっと解せない話。
「冷たい森の白い家」淡々と話が進むけど現実では考えられないくらいおぞましい光景になってるのを想像するとぞっとする。解説で「大人のための童話」っていう表現がされてるけどまさにその通りだと思った。ファンタジーっぽさが際だつ。
「Closet」やられた!結末を読んでの第一声(心の中で)がそれでした。うますぎる。ちょっと乙一に惚れた。
「神の言葉」1巻の「SEVEN ROOMS」と全然雰囲気は違うものの、読んだ後の余韻が強く残る作品のひとつ。他のもそうだけど何でこんな話を思いつくんだろ。
「落ちる飛行機の中で」なんか普通!いや、だいぶ異常だけど他と比べるとなんか普通!「神の言葉」の後だったから安心して読めました(
「むかし夕日の公園で」なんという怪談。公園行けなくなるじゃん!あとあまりの話の短さにびっくりした。4ページですよ。ハルヒだったらプロローグで終了ですよ。宇宙人も未来人も超能力者も出てこない。俺の嫁が!!!

話が逸れましたが相変わらず乙一すげぇ!と思ったです。2巻は最後に解説があってそこでも言われてるけどまさに「何なんだこれは」という感じ。作品一つ一つが同じ作者とは思えないみたいなことも書かれてて、俺が1巻の感想で言ってたことと同じでした。いや本当、何で「SEVEN ROOMS」みたいな話を書く人が「陽だまりの詩」を書けるんだ(
それから、ストーリーに圧巻されて見過ごすところだったけど、地味に表現が上手いです。背景描写だったり心理描写だったり、言葉の使い方が綺麗。夕方を表すにしても「建物と建物の間から差し込む太陽が音もなく世界を赤くにじませる夕方」(「むかし夕日の公園で」から抜粋)って感じで。勉強になります。

そんなわけでグロが苦手でなければ乙一オススメです。
自分はちょっと苦手だけどな!(キラッ☆


zoo
[名]
1 動物園
2 [the Z〜]《英》ロンドン動物園
3 《俗》[a 〜]ひどく混雑している場所,混乱状態

ジーニアス英和辞典より
【関連する記事】
posted by 祈弘 at 01:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102755964
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。