2008年08月03日

失はれる物語

乙一の何が凄いかって考えたとき、俺が思うに、ある特殊なシチュエーションを作り出してその上でストーリーを展開していく能力に長けてることだと思うんですよ。もちろんどんなフィクション小説だって日常とは違った環境で話が進んでいくんだけど、乙一の場合は日常とはさらにかけ離れた状況なのにもかかわらず、それが身近に感じられるような書き方をするところが魅力なんじゃないかなと思ってます。

てことで「失はれる物語」読みました(`・ω・) どうやら世間的には黒乙一と白乙一がいるらしくて、この本は白乙一が書いたようです。「ZOO」と「天帝妖狐」を読んできた身としては、こんな作品も書けるのか!とまたしても驚嘆した一冊。黒乙一が苦手だと感じた人でもこれを読んでみると乙一の印象が変わってくるかもー。

「Calling you」
この本の中で一番好きだなー。非現実的でご都合展開な設定なんだけど、ちょっとファンタジーで綺麗な作品。電車の中で泣きそうになった。

「失はれる物語」
着眼点が凄いというか、よくこんな世界観の話を書けたなという感想が第一。多分今まで読んだ話の中で、空間的に一番狭い場所で繰り広げられた物語だと思います。ちょっと最後があっけなくて疑問符が飛んだけど、他の作品に負けないくらい切ない。

「傷」
不思議な能力を持つ少年の物語。クライマックスのどんでん返しからラストに向かって、主人公の気持ちの変化が見所。これも感動作。今年映画になったみたいだから観てみたい。

「手を握る泥棒の物語」
初めに話した「特殊なシチュエーション」の例がまさにこれ。話自体は重みがないので、そういう意味では気軽に読めます。

「しあわせは子猫のかたち」
暖かいのにミステリー要素が紛れ込んでフワフワした不思議な話に。最後のとあるシーンが泣きのツボなんでやばかった。

「ボクの賢いパンツくん」
何だこれwww僅か3ページなのに、パンツくんのキャラクターが強烈で印象深い作品。

「マリアの指」
他のより長めのミステリー。まぁ無難な作品ではないかと。指の存在が不気味さを醸し出してます。そして「Closet」や「GOTH」で見られるようなトリックがここにも…!乙一の特徴の一つですね。細切れに読むより一気に読んだ方がより楽しめます。プロローグ大事。

「ウソカノ」
文庫本書き下ろし作品。これは・・・うん、切ない。色んな意味で泣ける(´;ω;`)
俺の嫁はルカリオだあああああああ!(←こんな感じ


といった感じでバーッと感想でふ。あれ、感想以外の方が量的に長くね?(
まぁ白乙一満載で今までの2冊とは違った感じで楽しめました。おすすめ。
でも初めて乙一を読む人はこれを選ばない方がいいかもなぁ。
黒を読んでからの方がいいかもしれん、という意見です。

ちなみに「GOTH」も読み終わったんだけどこっちは真っ黒でした。ぱねぇ!
感想はまた後日。
【関連する記事】
posted by 祈弘 at 01:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。