2007年03月14日

ルート記号は頑丈だ

ガウガウわー太2巻、今回も作者が獣医ならではのストーリーでした。
わー太2になってから、1の後半のラブコメ的要素がちょっと減った気がするなー。
またポン太みたいな話が読めるかも、とwktkしてみる。
獣医目指してたり、動物が大大大好きな人におススメな漫画です(`・ω・)

─────

博士の愛した数式、なかなか良かったです。
あ、でもブレイブストーリーのときみたくラストがいまいち分からんかったんですが(((
最近読解力みたいのが欠けてきてるのかしら(
数学に託けてメッセージを伝えてくる映画なので、
某憂鬱シリーズに出てくる数学ネタが好きな人にはおススメ。
数学の前知識は特に必要ないけど、ある程度知ってれば面白さが倍増すると思います。
博士の台詞がよく響く。
逆に、数学は数式を見るのも嫌って人には面白くないかも。

そういえばこれはネタバレになるか微妙なところだけど、
記憶が「80分」しかもたないってのに何か意味があったんだろうか。
特に劇中では大きく触れてないから単なる設定?むぅーん。

関係ないけどバイトから帰ったら某消しゴムドラマやっててワロタ。
記憶つながり。

さて県庁の星は明日にでも観ようかな。

─────

今日のニコ動。

ブラじゃないよ大胸筋矯正サポーターだよー。
ちょっと前に某氏が話題に出してて、また見たいと思ってた矢先にwww
後半のクッキングも面白い。キモイけど面白い。てかおすぎとピーコ。
posted by 祈弘 at 01:31| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
博士の愛した数式は本を読んで悪くないとは思ったけど、
記憶が消えちゃうのに子供好きっていう博士の設定がちょっとエグいなぁ…とも思ったり。
わしがひねくれてるだけ?
Posted by HCL at 2007年03月14日 10:00
原作は読んでないんだけど、少なくとも映画ではところどころ描写不足な感じ。
子供好きなのも、それっぽい暗示はあったけど大々的に扱ってないし。
2時間じゃ収まりきらないんだろうなぁ。ちょっともったいない。
Posted by 祈弘 at 2007年03月14日 14:30
俺も本で読んだけど面白かったよ(*´∀`*)
やっぱり映画は色々削るから、原作読むといいんじゃないかなぁ。映画で分からなかった部分が分かるかも。
Posted by テツ at 2007年03月15日 01:11
どうやら原作の方が面白いみたいだねー。
まだ色々溜まってるけど読みたいリストに追加…っと(;´∀`)
Posted by 祈弘 at 2007年03月15日 20:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。