2008年08月10日

GOTH

「失はれる物語」を読んだ後だったこともあって、この作品のドス黒さというかドスグロさはピカイチですね、乙一だけに。げらげらげら。いや、作品は面白くて、黒の乙一を存分に楽しむには良かったです。これぞ!って感じで。アレな表現も一種の芸術に思えてきます。基本的には苦手なんだけどね(

今回読んだのはハードカバー版です。「暗黒系」「リストカット事件」「犬」「記憶」「土」「声」の6編が収録された短編集。主要人物は一貫してるのでシリーズものなんですが、「声」さえ最後に読めば他の順番は特に気にしなくていいようにできています。ちなみに文庫版は「夜の章」と「僕の章」の2冊構成になっていて、夜の方は「暗黒系」「犬」「記憶」、僕の方は「リストカット事件」「土」「声」という風にハードカバーとは収録順序が変わってます。でもオススメとしてはハードカバーの順番で読むのがいいかなーと思う。
あと、Wikipediaには致命的なネタバレがあるのでこれから読む人は見ないことを推奨します。

さて「GOTH」という作品の何が(いい意味で)ひどいかって、主人公の「僕」がひどい。殺人事件の記事を好んで集めたり、殺人現場に赴いたり、特異な趣味を持ってるが故に色んな事件に巻き込まれるっていう話です。でも左記のこと以外で一部共感できる部分もあって、そこが話を嫌悪感丸出しにせず読み進められる一因でもあるのかなと思います。ヒロインの森野もそんな主人公の異常を見つけてお互い干渉しあうことになるんだけど、こっちの方が人間味があったりして、そんな二人の関係が読んでいて面白いです。実際にこういう人達がいるのかって考えたときに、何となく「乙一本人」が思い浮かんだ。まぁ本人のこと知らないけど。
それから犯人の異常性もひどいのが乙一の特徴なのかなーとは思うけど、他の作者のこういう作品を読んだことがないからわからない。ただ、往々にして犯人の心理や背景の描写が少ないのは、乙一流の不気味さを演出するためだとしても、違和感を感じることがあるのでそこは人の好みが分かれるところですね。まぁ「ZOO」の「SEVEN ROOMS」ほどではないのでキャラが立ってるといえば立ってるけど。

では軽く感想。

続きを読む
posted by 祈弘 at 12:43| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

失はれる物語

乙一の何が凄いかって考えたとき、俺が思うに、ある特殊なシチュエーションを作り出してその上でストーリーを展開していく能力に長けてることだと思うんですよ。もちろんどんなフィクション小説だって日常とは違った環境で話が進んでいくんだけど、乙一の場合は日常とはさらにかけ離れた状況なのにもかかわらず、それが身近に感じられるような書き方をするところが魅力なんじゃないかなと思ってます。

てことで「失はれる物語」読みました(`・ω・) どうやら世間的には黒乙一と白乙一がいるらしくて、この本は白乙一が書いたようです。「ZOO」と「天帝妖狐」を読んできた身としては、こんな作品も書けるのか!とまたしても驚嘆した一冊。黒乙一が苦手だと感じた人でもこれを読んでみると乙一の印象が変わってくるかもー。

「Calling you」
この本の中で一番好きだなー。非現実的でご都合展開な設定なんだけど、ちょっとファンタジーで綺麗な作品。電車の中で泣きそうになった。

「失はれる物語」
着眼点が凄いというか、よくこんな世界観の話を書けたなという感想が第一。多分今まで読んだ話の中で、空間的に一番狭い場所で繰り広げられた物語だと思います。ちょっと最後があっけなくて疑問符が飛んだけど、他の作品に負けないくらい切ない。

「傷」
不思議な能力を持つ少年の物語。クライマックスのどんでん返しからラストに向かって、主人公の気持ちの変化が見所。これも感動作。今年映画になったみたいだから観てみたい。

「手を握る泥棒の物語」
初めに話した「特殊なシチュエーション」の例がまさにこれ。話自体は重みがないので、そういう意味では気軽に読めます。

「しあわせは子猫のかたち」
暖かいのにミステリー要素が紛れ込んでフワフワした不思議な話に。最後のとあるシーンが泣きのツボなんでやばかった。

「ボクの賢いパンツくん」
何だこれwww僅か3ページなのに、パンツくんのキャラクターが強烈で印象深い作品。

「マリアの指」
他のより長めのミステリー。まぁ無難な作品ではないかと。指の存在が不気味さを醸し出してます。そして「Closet」や「GOTH」で見られるようなトリックがここにも…!乙一の特徴の一つですね。細切れに読むより一気に読んだ方がより楽しめます。プロローグ大事。

「ウソカノ」
文庫本書き下ろし作品。これは・・・うん、切ない。色んな意味で泣ける(´;ω;`)
俺の嫁はルカリオだあああああああ!(←こんな感じ


といった感じでバーッと感想でふ。あれ、感想以外の方が量的に長くね?(
まぁ白乙一満載で今までの2冊とは違った感じで楽しめました。おすすめ。
でも初めて乙一を読む人はこれを選ばない方がいいかもなぁ。
黒を読んでからの方がいいかもしれん、という意見です。

ちなみに「GOTH」も読み終わったんだけどこっちは真っ黒でした。ぱねぇ!
感想はまた後日。
posted by 祈弘 at 01:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

天帝妖狐

こないだ乙一の「ZOO」を読んだわけですが、グロ耐性あるわけでもないのに
妙に他の作品が気になって「天帝妖狐」を注文して買ってしまいました。
生協割引で10%引きだぜ!(

ネタバレなし感想。
テツに感化されてできるだけ読んでない人にも分かるような文を目指してみる(`・ω・)
なお、本は現在テツに貸してるんで細かいミスはスルーで><

さて本作品には「ZOO」に収録されてる作品よりも若干長めの「A MASKED BALL ア マスクド ボール ―及びトイレのタバコさんの出現と消失―」と「天帝妖狐」の2つが収録されてます。「ZOO」とはまた違った作風で、乙一は一体いくつ書き分けられるんだと感心しました。

1つめの「A MASKED BALL」は、とある高校のトイレの落書きをきっかけに事件が起こるという話。「ZOO 2」の「Closet」みたいなミステリーなんですが、短編と違って(まぁこれも他と比べれば短編なんだけど)キャラがそれぞれ立ってて物語に入っていきやすい。加えて乙一の臨場感溢れる文章で、実際その場にいるような錯覚にもさせられます。展開に不自然なところがない上に、ミスディレクション(解説の受け売り)が上手くて最後まで犯人が分からなかったです。分からせるつもりはないんだろうけどwあと、ある人物に関する伏線もまた見事。何回か納得いくまで読み返してみたくなる作品です。

2つめの「天帝妖狐」はタイトルにもなってますが、これは感想を聞く前にまず読んで欲しいって感じです。比べるのが「ZOO」だけになってしまうけど、「ZOO」にあった不気味さが顕在し、かつ登場人物の感情の揺れを感じることができる作品だと思いました。時間軸が前後する書き方をしているけど、それもまた新鮮。その中から杏子の人間らしさ、夜木の人間らしさ、違った人間らしさが交錯する美しさを是非読み取って欲しいです。とか言ってる自分が読み取れてるかは謎。

テツが「ZOO」の感想で“白い”作品を読みたいと言ってたけどこの本はどちらかといえば“白”なんじゃないかなと思います。特に「天帝妖狐」は読んだ後、「ZOO」にはなかった爽快感が得られたような気がします。

「ZOO」を読んだだけでは、まぁ乙一もありかな、程度に思ってたけど、
「天帝妖狐」を読んだ今、乙一は一押し作家になりました。
他のも読みたいな。



「A MASKED BALL」ってどんな意味なんだろ。
masked…覆われた、偽りの
ball…舞踏会、パーティー
この辺の意味でいいのかな(
posted by 祈弘 at 01:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

混乱状態

「ZOO 2」読み終わりましたよっと。やっぱり読みやすい、不思議!
てことでまた適当に感想。

「血液を探せ!」年齢関係ないじゃん!年齢関係ないじゃん!大事なことなので2回言いました。それはさておき、はちゃめちゃな話を書くもんだなぁ。ちょっと解せない話。
「冷たい森の白い家」淡々と話が進むけど現実では考えられないくらいおぞましい光景になってるのを想像するとぞっとする。解説で「大人のための童話」っていう表現がされてるけどまさにその通りだと思った。ファンタジーっぽさが際だつ。
「Closet」やられた!結末を読んでの第一声(心の中で)がそれでした。うますぎる。ちょっと乙一に惚れた。
「神の言葉」1巻の「SEVEN ROOMS」と全然雰囲気は違うものの、読んだ後の余韻が強く残る作品のひとつ。他のもそうだけど何でこんな話を思いつくんだろ。
「落ちる飛行機の中で」なんか普通!いや、だいぶ異常だけど他と比べるとなんか普通!「神の言葉」の後だったから安心して読めました(
「むかし夕日の公園で」なんという怪談。公園行けなくなるじゃん!あとあまりの話の短さにびっくりした。4ページですよ。ハルヒだったらプロローグで終了ですよ。宇宙人も未来人も超能力者も出てこない。俺の嫁が!!!

話が逸れましたが相変わらず乙一すげぇ!と思ったです。2巻は最後に解説があってそこでも言われてるけどまさに「何なんだこれは」という感じ。作品一つ一つが同じ作者とは思えないみたいなことも書かれてて、俺が1巻の感想で言ってたことと同じでした。いや本当、何で「SEVEN ROOMS」みたいな話を書く人が「陽だまりの詩」を書けるんだ(
それから、ストーリーに圧巻されて見過ごすところだったけど、地味に表現が上手いです。背景描写だったり心理描写だったり、言葉の使い方が綺麗。夕方を表すにしても「建物と建物の間から差し込む太陽が音もなく世界を赤くにじませる夕方」(「むかし夕日の公園で」から抜粋)って感じで。勉強になります。

そんなわけでグロが苦手でなければ乙一オススメです。
自分はちょっと苦手だけどな!(キラッ☆


zoo
[名]
1 動物園
2 [the Z〜]《英》ロンドン動物園
3 《俗》[a 〜]ひどく混雑している場所,混乱状態

ジーニアス英和辞典より
posted by 祈弘 at 01:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

動物園

某氏に勧められたんで、乙一の「ZOO 1」(文庫の方)読んでみました。

だらだら感想。
単行本「ZOO」の中から映画化された短編が5本収録されているんですが、とにかく読みやすい。もうちょっと難しいものかと思ってたけど簡単な表現ばっかりで少し意外だった。で、その5本が全然違う世界観なのに驚き。
最初の「カザリとヨーコ」では、たまに見るような現代風刺みたいな話かと思って読んでいったら展開が二転三転して、なぁにこれぇって思ってる間に終わっちゃいました。
そして、次の「SEVEN ROOMS」で乙一らしさを感じた。理不尽な設定の中で姉弟の思いが交錯してエンディングへ。物語のスピード感だけでなく情景のリアルさがひしひしと伝わってくる作品でした。ぶっちゃけ怖かった(つД`)こういう話は滅多に読まないから衝撃的だったYO!短編と長編の違いがあるけど「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」を読んだときの衝撃に似てるなー。ただ、決定的な違いがあるんだけどネタバレになるのでー。
3つ目の「SO-far そ・ふぁー」はまた違った世界観で不思議な感じ。ラストもしっくり来ない感じで終わったけど俺的には結構好きだったりします。
「陽だまりの詩」は「SEVEN ROOMS」を描いた人と同一人物とは思えない作品。いい話でした。
最後の「ZOO」だけど、主人公の狂ってる様がある意味「砂糖菓子〜」っぽいかもしれない。ミステリーを普段読まないので他に比べるものがないからそれしか例に出せないんだけども。
全体的に「何で?」って思うことが多々あったんだけど、そもそもそれがミステリーっていうジャンルなのか、理系の性なのかが諮りかねるところ。自分の性格上理不尽なことが大嫌いなんで理解できないことがあるとモヤモヤするんだよね(
そういう世界観もあるんだな、っていう勉強にはなりました。


てことで、なかなか楽しめました。
でも若干趣味とずれてるんでハマるほどではなかったかなー。
たまに読む分にはいいかもしれないです。

んで、もう少し乙一の世界観を見てみたくなったのでさっき「ZOO 2」も買ってきました(ぁ
ただ、これだけだと精神的に弱る気がするんで中和のためにもう一冊購入。






ゼロつか



あくまで中和のためだよ!
posted by 祈弘 at 01:02| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。